Back to Index

シャロン ワコブ [フランス]シャロン ワコブ [フランス]

Designer
シャロン・ワコブ
Profile
シャロン・ワコブはパリ・コレクションで活躍中の若手デザイナー。 1971年、北アイルランド生まれ。 ロンドンのセントマーティンズを主席で卒業。その後、ピーター・グリーナウェイによるアバンギャルド・フィルム“枕草子”へのオリジナル・テキスタイルと衣装デザインを提供、独創的なそのデザインは、幻想的な映画の雰囲気とあいまって、各界の注目を集めました。インディペンデントなファッション雑誌、 Dazed and Confused London ではスタイリストとしても活躍。1997-2000年、マーク・ジェイコブスのもとでLouis Vuittonのデザイナーに。1999年より、自身のコレクションをはじめた後も、Louis Vuittonのコンサルタントとして働き続けました。 1998年9月 彼の名前を冠したコレクションを発表。同年VALENTINO ROMAのクリエイティブディレクターに指名され1年間勤める。
Brand profile
コレクションはデザイナーの、特徴ある素材使いやシンプルなスタイルによって表現され、サルトリアーレの知識を持ってモダンエレガンスをニューコンセプトとして作り出されている。洗練され、デリケートではあるが弱くはなく、繊細は感情と強い個性を持つ女性に向けて発信されたコレクションは、イタリアのみに収まらず、世界各国の主要ブティックにも注目されている。